行動指針

行動指針

評価方針と対をなす行動指針を以下に掲げます。メンバー(被雇用者)に求める行動指針とは、どちらかというと表向きの情報ではなく社内にとどめておくものと捉えられますが、万が一、本稿をご覧になった方が弊社の指針に違和感や反感を覚えるなら、雇用契約は締結しないほうがお互い幸せだとも考えられるため、採用活動の一環とみなし、あえて開示します。

ワクワクするコンセプトを自主的につくりだす

無難な目標設定をしないよう働きかける指針です。自分自身を鼓舞するような施策を打ちだします。指示されたとおりにすべきときもありますが、どちらかというと、自分で決めたとおりに実行し成果を出すほうが楽しく生活できるのではないでしょうか。

自分の失敗は、仲間を救う方策に変える

不確実性をおそれず、野心的にチャレンジするよう働きかける指針です。言うまでもなく、失敗は成功よりはよくないものです。ただし、失敗から得られた経過的結論により、成功に一歩近づけるかもしれません。

柔軟に誠実に対応し、信頼を深めるよう成果を出す

油断せず、成功に向かって行動するよう働きかける指針です。ビジネスにおいて信頼ほど重要なものはなく「あなたを信頼します」と相手に期待される状態をめざします。長続きする信頼関係からこそポジティブな出来事が起きると信じます。

インプットもアウトプットも怠らず、キャリアアップや幸せをつかむ

健全な危機感を維持する指針です。不健全な安心感によって油断していては、おそかれ早かれ没落していくのではないでしょうか。

仲間に敬意を払い、関心を持ち、相談しやすい関係を維持する

誰かの危機を察知したり、深刻化するまえに窮状を訴えたりしやすくするよう働きかける指針です。「Prevention is better than cure(転ばぬ先の杖)」です。

自分や自分のグループのベストより、YNSのベストを目指す

利己主義を徹底的に追求するため利他主義を経由する指針です。利己主義つまり自己満足を徹底すると、利他主義との見分けが困難になります。

困っている仲間がいたら、自分の担当でない業務対象であっても、積極的にサポートする

悪しきセクショナリズムを回避し、組織プレーで課題解消するよう促進する指針です。個人で打開できればそれでよいものの、ときには独力ではこなせない状況に陥ることもあります。恩返しでも恩送りでも、いずれにせよ善なる流れを生みます。